宮崎県で性病チェックするなら郵送検査キットがおすすめ!自宅で誰にもバレず結果が分かる

宮崎県で性病チェックするなら郵送検査キットがおすすめ!自宅で誰にもバレず結果が分かる

『アソコが痒くて痛い・・・』
『精液が黄色くて膿っぽい・・・』
『性病かもしれない相手としてしまった・・・』

宮崎県で上記のような症状で性病かもしれないとお悩みの方は非常に多いのではないでしょうか。

宮崎県で性病検査と言えば泌尿器科がある病院やクリニックだったり、女性なら婦人科・産婦人科の医院で検査することができますが、恥ずかしかったり知り合いに見られる不安などで中々一歩が踏み出せないという方も多いようです。

また、宮崎県で夜間に仕事をしている方だとそもそも病院で検査をすることが困難なケースもあります。

このサイトでは、宮崎県で上記のように性病の不安を抱きながらも中々検査することができない方に向けて、自宅にいながら性病かどうかをチェックできる性病検査キットについて紹介しています。

また、宮崎県にある病院やクリニックについてもまとめているのでそちらも参考にしてください。

宮崎県で性病かチェックするなら性病検査キットが安心して簡単に安く調べることができる

宮崎県で性病に感染しているか調べるとしたら、病院やクリニックで検査する必要があるとお考えの方が多いと思います。

実際に性病検査をするとしたら、以下に記載する3つの方法で調べることができます。

  • 病院やクリニックで性病検査を受ける
  • 保健所で定期的に行っている性病検診を受ける
  • 性病検査キットを使い郵送検診を受ける

宮崎県にある病院やクリニックでの性病検査は知られていますが、保健所でも性病の検査を受けることが可能なのは知らない人も多いようです。

また、性病検査キットを使えば自宅にいながら誰にもバレずに性病かどうかチェックできることはご存知でしたでしょうか?

性病検査キットを見てみる

性病検査キットなら自宅で誰にもバレずに性病検査が可能

性病に感染したかもしれないなんて、なかなか人に相談しづらいですよね。

宮崎県の病院やクリニックで性病検査を受けるにしても、知っている先生だと相談するのも少し恥ずかしいですし、待ち時間に知り合いに見られる可能性も否めません。

デリケートな悩みだからこそ、できることなら他の人には知られたくないものです。

そんなお悩みをお持ちの方にこそ、性病検査キットは非常にオススメとなります。

宮崎県で性病検査キットを注文すると自宅に郵送されてきます。開封すると検体を採取するキットがあるので、使用方法を確認しながら患部から検体を採取し、返信用封筒に入れて送り返すだけです。

検査結果は数日で出るので、インターネット・メール・電話などで確認することができます。

誰にも会うことなく性病検査ができる非常に便利なキットになります。

性病検査キットは最新の検査機器を使用するので検査精度が高い

性感染症の検査は年々研究が進んでおり、日進月歩で検査の仕組みも進化しています。それに伴い、性病検査に使用される検査機器も進化しています。

当然ながら最新の検査機器の方が検査精度が高くなりますが、宮崎県にある病院やクリニックによって使用している検査機器が異なるので、検査精度にもバラツキが出てしまうのです。

その点、性病検査キットの郵送検査を行っている衛生検査所では、性病検査が専門ということもあり最新の検査機器や検査手法を取り入れています

だからこそ精度が非常に高い性病検査を行うことができ、利用者の身体の異変にいち早く気づくことができるのです。

性病検査キットは病院での検査と比べても料金が安い

宮崎県の病院やクリニックで性病検査をした時の検査料金ですが、基本的に保険の適用外となってしまうため、調べる性病1種類につき5,000円~10,000円程度の非常に高い検査料金がかかってしまいます。

それに対し性病検査キットはというと、調べる性病1種類当たり2,000円~3,000円程度と非常に安価な価格設定となっています。

HIVや梅毒といったメディアで話題となっている性感染症など、自分で検査する項目を選べるのもメリットです。

性病検査キットを見てみる

性病検査キットの郵送検診なら「さくら検査研究所」

初めて性病検査キットを利用してみる方にオススメしたいのが、老舗の衛生検査所である「さくら検査研究所」です。 初めて性病検査キットを利用してみる方にオススメしたいのが、老舗の衛生検査所である「さくら検査研究所」です。 さくら検査研究所は性病の郵送検診を専門として15年以上に渡り行っている衛生検査所です。この業界では老舗の衛生検査所であり、過去の実績からも性病検査の精度や検査スピードに定評があります。また、アフターフォローも充実しており、全国に提携医療機関が豊富にあるので、万が一性病検査で陽性となってしまっても、スムーズに治療まで受けることが可能です。
さくら検査研究所は性病の郵送検診を専門として15年以上に渡り行っている衛生検査所です。
この業界では老舗の衛生検査所であり、過去の実績からも性病検査の精度や検査スピードに定評があります。
また、アフターフォローも充実しており、全国に提携医療機関が豊富にあるので、万が一性病検査で陽性となってしまっても、スムーズに治療まで受けることが可能です。
こういったサポートは非常に重要なのでありがたいサービスですよね。
さくら検査研究所の性病検査キットは検査したい項目に合わせたセットが充実しており、自分の目的に合わせて選ぶことができます。もしどれを使ったらいいか分からないという方は、一般的な性病である淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジアの検査ができる4項目検査Bがオススメです。また、女性の方には特有の病気である子宮頸がんの検査キットもあるので、検診を受ける時間がないという方にもオススメです。
さくら検査研究所の性病検査キットは検査したい項目に合わせたセットが充実しており、自分の目的に合わせて選ぶことができます。
もしどれを使ったらいいか分からないという方は、一般的な性病である淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジアの検査ができる4項目検査Bがオススメです。
また、女性の方には特有の病気である子宮頸がんの検査キットもあるので、検診を受ける時間がないという方にもオススメです。
性病検査キットを見てみる

性病の種類と症状を把握しよう

一概に性感染症と言っても、どのような病気があるのか、どういった症状が出るのかなど、デリケートな病気だからこそ一般的にはあまり知られていません。
性病には、症状が軽いものから重いもの、自覚症状がある病気とない病気など、非常に様々な病気があります。
ここからは、日本で出会う可能性のある性病について、症状や潜伏期間などの特徴について詳しく解説していきます。

HIV/AIDSの特徴

一番恐ろしい性感染症として認知されているのがAIDS(エイズ)です。
HIVとAIDSは一緒に捉えられがちですが、HIVとは病原菌となるウイルスの呼び名であり、ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)が正式な名称となります。
上記のHIVウイルスに感染することで発症する病気がAIDSであり、後天性免疫不全症候群が正式な名称です。
AIDSは、その高い感染力と完全に治すための治療法が確立していないことから、いま最も危険な性感染症として知られています。
ただ、AIDSの発症を遅らせる治療法は確立されており、もし感染の恐れがあるなら早期発見が非常に重要となります。

HIV・AIDSの症状

HIVウイルスに感染すると、体内にある免疫細胞が次々と破壊されていきます。
人は身体の免疫力が低下すると様々な病気を発症しやすくなりますが、HIVウイルスの感染によっては主に23種類の疾患が定められており、それらのいずれかの病気を発症するとAIDSと診断されます。

HIV・AIDS

世界中で猛威を奮っている代表的な性病がAIDS(エイズ)です。HIVとエイズは同じ性病と捉えられがちですが、HIVはヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)を指しており、病原菌となるウイルスの呼び名です。
このHIVウイルスを病原として発症する病気がエイズ(後天性免疫不全症候群)となります。

HIV・AIDSの症状

HIVに感染すると、体内の免疫細胞を破壊していきます。免疫力が低下することで様々な病気を発症しやすい状態となってしまいます。
発症しやすい病気は主に23種類が定められており、いずれかの病気を発症した時点でエイズと診断されるのです。
23種類の日和見感染症は以下の通りです。
真菌症 カンジダ症(食道、気管、気管支、肺)
クリプトコッカス症(肺以外)
コクシジオイデス症
ヒストプラズマ症
ニューモシスチス肺炎
原虫症 トキソプラズマ症
クリプトスポリジウム症(1ヶ月以上続く下痢を伴ったもの)
イソスポラ症(1ヶ月以上続く下痢を伴ったもの)
細菌感染症 化膿性細菌感染症(13歳未満で、ヘモフィルス、連鎖球菌などの化膿性細菌により以下のいずれかが2年以内に2つ以上多発、あるいは繰り返して起こったもの)
サルモネラ菌血症
活動性結核(肺結核または肺外結核)
非結核性抗酸菌症
ウイルス感染症 サイトメガロウイルス感染症(生後1ヶ月以上で、肝、脾、リンパ節以外)
単純ヘルペスウイルス感染症
悪性腫瘍 カポジ肉腫
原発性脳リンパ腫
非ホジキンリンパ腫
浸潤性子宮頚癌(HIVによる免疫不全を示唆する症状または所見がみられる場合に限る)
その他 反復性肺炎
リンパ性間質性肺炎/肺リンパ過形成(LIP/PLH)complex (13歳未満)
HIV脳症(認知症または亜急性脳炎)
HIV消耗性症候群(全身衰弱またはスリム病)

AIDSの感染期間

エイズの感染期間は大きく分けて3つに分類されます。
HIV感染初期
(2週間~8週間)
HIVウイルスに感染するとインフルエンザのような症状やリンパ節の腫れ等の初期症状があらわれますが、時間が経つにつれて症状は消えていきます。
まれに症状が出ない人もいるようです。
無症候期
(数年~10年以上)
初期症状が消えてから5年から10年くらいは無症候期と呼ばれる期間が続き、その名の通り特に症状が現れず気づかない人がほとんどとなります。
エイズ発症期 HIVウイルスによりCD4陽性細胞が破壊され免疫力が低下すると日和見感染症を発症し始めます。
この時点でエイズと診断されます。
HIV検査キットを見る

性器クラミジア感染症

一般的にクラミジアと呼ばれている性病は、正式には性器クラミジア感染症という呼び名があります。
クラミジアトラコマチスという原因菌に感染することで発症する性病で、日本で最も多い100万人を超える感染者がいるとされています。

男性のクラミジアの症状

尿道に軽い炎症を起こし、おしっこをするときに痒みや痛みを感じることがあります。
症状が悪化すると尿道から膿が出ることもあります。

女性のクラミジアの症状

オリモノが黄色く変色したり量が増えたりといった症状がでます。不正出血や生理痛に似た痛みが出ることもあります。
感染したままにしておくと不妊症や早産のリスクに繋がりやすくなるほか、妊娠時の胎児に後遺症が出る場合もあります。
クラミジア検査キットを見る

淋病(淋菌感染症)

淋病は正式には淋菌感染症という呼び名があり、淋菌という原因菌に感染することで発症する性感染症です。
日本で非常に感染者が多い性病の一つで、強い症状でも知られています。

男性の淋病の症状

尿道に強い炎症を起こし、おしっこをするときに激しい痛みを感じるようになります。また、尿道から多量の膿が出てくるようになります。

女性の淋病の症状

オリモノの量が増えたり、性器から膿が出たりします。
感染したままにしておくと不妊症や早産のリスクに繋がりやすくなるほか、妊娠時の胎児に後遺症が出る場合もあります。
淋病検査キットを見る

性器ヘルペス

性器ヘルペスはヘルペスウイルスに感染すると発症する性感染症です。
女性は特に再発性が高く完治しにくい性病です。

男性のヘルペスの症状

男性器を中心にできものや水ぶくれといった症状がでます。
軽い痛みや痒みを伴うこともあります。

女性のヘルペスの症状

女性器を中心にできものや水ぶくれといった症状がでます。
軽い痛みや痒みを伴うこともあります。
ヘルペス検査キットを見る

性器カンジダ症

カンジダと呼ばれている性病は、正式には性器カンジダ症という呼び名で、カンジダ菌に感染すると発症する性感染症です。

男性のカンジダの症状

男性器を中心にできものや水ぶくれといった症状がでます。
軽い痛みや痒みを伴うこともあります。

女性のカンジダの症状

女性器を中心にできものや水ぶくれといった症状がでます。
軽い痛みや痒みを伴うこともあります。
カンジダ検査キットを見る

梅毒

梅毒とは、梅毒トレポネーマ・パリダムに感染すると発症する性感染症です。
日本では昔から流行っていた病気の一つで、かつては不治の病として恐れられていました。
様々な感染経路があり自覚症状も出にくい性病ですが、治療法も確立され完治することも可能になりました。

梅毒の症状

梅毒は感染期間ごとに4期に分類され、その状態ごとに異なった症状が現れます。
第四期梅毒まで進行すると様々な病気を引き起こし、治療を怠ると最悪の場合死に至ります。

梅毒の感染期間

梅毒の感染期間と各症状は以下の通りです。
第一期梅毒
(早期梅毒)
第一期梅毒は、感染してから3週間~3ヶ月程度の期間を指します。
性器や口などに初期硬結と呼ばれる赤い湿疹ができます。それらが潰れると硬性下疳となります。
リンパ節などに固い腫れなどができますが時間が経つと消えていきます。
第二期梅毒
(早期梅毒)
第二期梅毒は、感染してから3ヶ月~3年程度の期間を指します。
梅毒トレポネーマが全身に広がり、バラ疹と呼ばれる紅斑が発生しますが時間が経つと消えていきます。
梅毒性丘疹と呼ばれる丘疹が足の裏をはじめ全身に広がり、梅毒性乾癬というフケのような症状も出ます。
第三期梅毒
(晩期梅毒)
第三期梅毒とは、感染してから3年~10年程度の期間を指します。
全身に結節性梅毒疹やゴム腫と呼ばれる大きめのしこりができる症状が現れます。
第四期梅毒
(晩期梅毒)
第四期梅毒とは、主に感染してから10年以上の期間を指す末期症状です。
血管や中枢神経に症状が広がり、動脈瘤、麻痺、痴呆症などの症状がでます。
神経梅毒とも呼ばれており、髄膜血管型、進行麻痺型、脊髄ろう型の3パターンに分類されます。

梅毒検査キットを見る

宮崎県で性病科・泌尿器科・婦人科・産婦人科のある病院・クリニック

えびの共立病院 [産婦人科]
〒889-4151 宮崎県えびの市大字向江506 / 0984-37-1313
中元寺産婦人科医院 [婦人科]
〒882-0843 宮崎県延岡市永池町1丁目2-10 / 0982-34-5141
延岡クリニック [泌尿器科]
〒882-0856 宮崎県延岡市出北1丁目3-20 / 0982-21-4321
大重産婦人科医院 [婦人科]
〒882-0844 宮崎県延岡市春日町3丁目4-1 / 0982-21-2306
大重産婦人科医院/予約専用電話 [産婦人科]
〒882-0844 宮崎県延岡市春日町3丁目4-1 / 0982-28-2015
県立延岡病院 [産婦人科]
〒882-0835 宮崎県延岡市新小路2丁目1-10 / 0982-32-6181
県立延岡病院 [泌尿器科]
〒882-0835 宮崎県延岡市新小路2丁目1-10 / 0982-32-6181
石内医院 [泌尿器科]
〒882-0017 宮崎県延岡市川島町1644-1 / 0982-30-1885
山中産婦人科医院 [婦人科]
〒882-0826 宮崎県延岡市船倉町1丁目2-2 / 0982-22-0303
おがわクリニック [泌尿器科]
〒882-0803 宮崎県延岡市大貫町2丁目1206-1 / 0982-31-3121
おおぬきクリニック [泌尿器科]
〒882-0803 宮崎県延岡市大貫町2丁目1236 / 0982-28-1533
井上産婦人科病院 [婦人科]
〒882-0866 宮崎県延岡市平原町1丁目990-1 / 0982-21-5110
井上産婦人科病院/小児科 [産婦人科]
〒882-0866 宮崎県延岡市平原町1丁目990-1 / 0982-23-7402
長沼医院 [泌尿器科]
〒882-0866 宮崎県延岡市平原町3丁目1299-1 / 0982-21-7311
黒木病院 [泌尿器科]
〒882-0041 宮崎県延岡市北小路14-1 / 0982-21-6381
細川レディスクリニック [産婦人科]
〒880-0035 宮崎県宮崎市下北方町井手下北40-7 / 0985-22-7313
花ヶ島ウィメンズクリニック [婦人科]
〒880-0036 宮崎県宮崎市花ケ島町観音免894 / 0985-25-8883
ふくだ泌尿器科 [泌尿器科]
〒880-0841 宮崎県宮崎市吉村町井手ノ中甲816 / 0985-32-1233
井之上産婦人科小児科医院 [婦人科]
〒880-0841 宮崎県宮崎市吉村町西中甲1345-4 / 0985-26-4184
コムロ美容外科 [泌尿器科]
〒880-0001 宮崎県宮崎市橘通西3丁目10-27-7F / 0120-566150
コムロ美容外科 [泌尿器科]
〒880-0001 宮崎県宮崎市橘通西3丁目10-27-7F / 0120-566315
コムロ美容外科宮崎院 [泌尿器科]
〒880-0001 宮崎県宮崎市橘通西3丁目10-27-7F / 0120-566795
大渕クリニック [産婦人科]
〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東1丁目5-20 / 0985-24-3808
永迫クリニック産婦人科 [産婦人科]
〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東3丁目4-36-2F / 0985-23-9362
中野医院皮膚泌尿器科美容皮膚科 [泌尿器科]
〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東4丁目6-18 / 0985-22-2695
ひろしま通りウィミンズクリニック [産婦人科]
〒880-0806 宮崎県宮崎市広島1丁目16-9-2F / 0985-60-7807
いまむらウィメンズクリニック [婦人科]
〒880-0812 宮崎県宮崎市高千穂通2丁目5-5-2F / 0985-31-3908
とえだウイメンズクリニック [産婦人科]
〒880-0812 宮崎県宮崎市高千穂通2丁目5-5-3F / 0985-32-0511
さいとう医院 [泌尿器科]
〒880-0211 宮崎県宮崎市佐土原町下田島9813 / 0985-73-5555
谷山産婦人科医院 [産婦人科]
〒880-0301 宮崎県宮崎市佐土原町上田島3875 / 0985-74-0078
うえやま貴子クリニック [産婦人科]
〒880-0865 宮崎県宮崎市松山2丁目23-2-2F / 0985-60-6676
たにぐちレディースクリニック [産婦人科]
〒880-0011 宮崎県宮崎市上野町5-1 / 0985-22-1103
椎クリニック [泌尿器科]
〒880-0056 宮崎県宮崎市神宮東2丁目5-4 / 0985-25-3338
村岡泌尿器科内科 [泌尿器科]
〒889-1611 宮崎県宮崎市清武町新町2丁目1-3 / 0985-85-7080
医療法人イシス会小池レディスクリニック [婦人科]
〒889-1604 宮崎県宮崎市清武町船引633-5 / 0985-85-7111
下村産婦人科医院 [婦人科]
〒880-0842 宮崎県宮崎市青葉町151-1 / 0985-27-0341
下村産婦人科医院/入院患者専用 [産婦人科]
〒880-0842 宮崎県宮崎市青葉町151-1 / 0985-22-0233
野崎東病院 [泌尿器科]
〒880-0837 宮崎県宮崎市村角町高尊2105 / 0985-28-8555
市民の森病院 [泌尿器科]
〒880-0122 宮崎県宮崎市大字塩路2783-37 / 0985-39-7630
市民の森病院/総合健診センター [泌尿器科]
〒880-0122 宮崎県宮崎市大字塩路2783-37 / 0985-37-1111
市民の森病院/通所リハビリテーションセンター [泌尿器科]
〒880-0122 宮崎県宮崎市大字塩路2783-37 / 0985-62-5351
亀山記念クリニック [泌尿器科]
〒889-2151 宮崎県宮崎市大字熊野1-1 / 0985-58-1511
医療法人木佐貫産婦人科医院 [産婦人科]
〒880-0916 宮崎県宮崎市大字恒久4402-1 / 0985-52-3231
神尊産婦人科 [産婦人科]
〒880-0916 宮崎県宮崎市大字恒久5308-1 / 0985-59-3311
潤和リハビリテーション振興財団/潤和会記念病院 [泌尿器科]
〒880-2112 宮崎県宮崎市大字小松1119 / 0985-47-5555
みの田クリニック [泌尿器科]
〒880-2112 宮崎県宮崎市大字小松485-1 / 0985-48-2606
はまだレディスクリニック [婦人科]
〒880-0121 宮崎県宮崎市大字島之内7284 / 0985-39-0087
こおりやま医院 [泌尿器科]
〒880-0121 宮崎県宮崎市大字島之内9212-26 / 0985-39-4970
産婦人科いきめの杜クリニック [婦人科]
〒880-2111 宮崎県宮崎市大字柏原407-1 / 0985-74-7400
竹迫医院 [泌尿器科]
〒880-0925 宮崎県宮崎市大字本郷北方2107-1 / 0985-53-1212
みのだ泌尿器科医院 [泌尿器科]
〒880-0951 宮崎県宮崎市大塚町樋ノ口1885 / 0985-54-7171
松村産婦人科医院 [産婦人科]
〒880-0824 宮崎県宮崎市大島町西田2154-2 / 0985-22-4633
古賀総合病院 [産婦人科]
〒880-0041 宮崎県宮崎市池内町数太木1749-1 / 0985-39-8888
古賀総合病院 [泌尿器科]
〒880-0041 宮崎県宮崎市池内町数太木1749-1 / 0985-39-8888
古賀総合病院腎センター [泌尿器科]
〒880-0041 宮崎県宮崎市池内町数太木1749-1 / 0985-39-8846
きくち皮膚科泌尿器科クリニック [泌尿器科]
〒880-0904 宮崎県宮崎市中村東2丁目1-29 / 0985-51-1953
中山医院 [泌尿器科]
〒880-0032 宮崎県宮崎市霧島4丁目196 / 0985-26-3888
はた産婦人科 [婦人科]
〒880-0023 宮崎県宮崎市和知川原1丁目107 / 0985-28-3511
県南病院 [泌尿器科]
〒888-0001 宮崎県串間市大字西方3728 / 0987-72-0224
県南病院 [泌尿器科]
〒888-0001 宮崎県串間市大字西方3728 / 0987-72-5961
県南病院/医療相談専用 [泌尿器科]
〒888-0001 宮崎県串間市大字西方3728 / 0120-098725
串間市民病院 [産婦人科]
〒888-0001 宮崎県串間市大字西方7917 / 0987-72-1234
串間市民病院 [泌尿器科]
〒888-0001 宮崎県串間市大字西方7917 / 0987-72-1234
坂田病院 [産婦人科]
〒884-0006 宮崎県児湯郡高鍋町大字上江8108 / 0983-22-3426
永友クリニック [泌尿器科]
〒884-0002 宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋1006 / 0983-22-3375
永友クリニック [泌尿器科]
〒884-0002 宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋1006 / 0983-23-3543
河野産科婦人科医院 [婦人科]
〒884-0002 宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋2605 / 0983-22-0341
川南病院 [泌尿器科]
〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南18150-47 / 0983-27-4111
小林泌尿器科クリニック [泌尿器科]
〒886-0009 宮崎県小林市駅南301 / 0984-25-0505
小林市立病院 [泌尿器科]
〒886-0004 宮崎県小林市細野2235-3 / 0984-23-4711
池井病院 [泌尿器科]
〒886-0007 宮崎県小林市真方87 / 0984-23-4151
池井病院/腎センター [泌尿器科]
〒886-0007 宮崎県小林市真方87 / 0984-22-3126
高千穂産婦人科診療所 [産婦人科]
〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1099-14 / 0982-82-2722
高千穂町国民健康保険病院 [泌尿器科]
〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井435-1 / 0982-73-1700
佐藤クリニック [泌尿器科]
〒881-0034 宮崎県西都市妻町3丁目128 / 0983-43-5309
黒松病院 [泌尿器科]
〒885-0001 宮崎県都城市金田町2263 / 0986-38-1120
黒松病院/透析センター [泌尿器科]
〒885-0001 宮崎県都城市金田町2263 / 0986-38-1121
西浦病院 [泌尿器科]
〒885-0036 宮崎県都城市広原町6-12 / 0986-25-1119
速見泌尿器科医院 [泌尿器科]
〒885-0033 宮崎県都城市妻ケ丘町4009-5 / 0986-24-8344
国立病院機構都城医療センター(独立行政法人) [産婦人科]
〒885-0014 宮崎県都城市祝吉町5033-1 / 0986-23-4111
国立病院機構都城医療センター(独立行政法人) [泌尿器科]
〒885-0014 宮崎県都城市祝吉町5033-1 / 0986-23-4111
国立病院機構都城医療センター(独立行政法人)/地域医療連携室 [産婦人科]
〒885-0014 宮崎県都城市祝吉町5033-1 /
国立病院機構都城医療センター(独立行政法人)/地域医療連携室 [泌尿器科]
〒885-0014 宮崎県都城市祝吉町5033-1 /
姉川医院 [泌尿器科]
〒885-0022 宮崎県都城市小松原町1141-9 / 0986-22-2205
中山産婦人科医院(医療法人社団) [婦人科]
〒885-0025 宮崎県都城市前田町17-32 / 0986-23-8815
藤元総合病院 [産婦人科]
〒885-0055 宮崎県都城市早鈴町17-1 / 0986-25-1313
武田産婦人科医院 [産婦人科]
〒885-0051 宮崎県都城市蔵原町10-26 / 0986-22-0336
野田産婦人科医院 [産婦人科]
〒885-0051 宮崎県都城市蔵原町9-18 / 0986-24-8553
横山病院 [泌尿器科]
〒885-0083 宮崎県都城市都島町506 / 0986-22-2806
医療法人すみ産婦人科 [産婦人科]
〒885-0052 宮崎県都城市東町3-16 / 0986-23-1152
いそいち産婦人科 [産婦人科]
〒885-0085 宮崎県都城市平塚町3016 / 0986-22-4585
北原医院 [産婦人科]
〒885-0024 宮崎県都城市北原町11-5 / 0986-22-3003
北原医院 [婦人科]
〒885-0024 宮崎県都城市北原町11-5 / 0986-22-4133
花房泌尿器科医院 [泌尿器科]
〒885-0024 宮崎県都城市北原町22-6 / 0986-25-1177
たなだ内科泌尿器科 [泌尿器科]
〒880-1101 宮崎県東諸県郡国富町大字本庄1962-1 / 0985-75-1000
千代田病院 [泌尿器科]
〒883-0064 宮崎県日向市大字日知屋古田町88 / 0982-52-7111
やまうち泌尿器科内科 [泌尿器科]
〒883-0041 宮崎県日向市北町1丁目50 / 0982-55-1234
たなか産科・婦人科クリニック [産婦人科]
〒887-0012 宮崎県日南市園田1丁目1-5 / 0987-23-1551
うちむらクリニック [婦人科]
〒889-2536 宮崎県日南市吾田西3丁目7-48 / 0987-32-1230
田中隆内科 [泌尿器科]
〒889-1912 宮崎県北諸県郡三股町大字宮村2872-1 / 0986-52-0301

さくら検査研究所