これって、もしかしてED?EDの症状を理解して、早めの対策を


EDの治療は、初期症状の内に早期治療するほど効果が高まります
しかし、EDはなかなか自分で自覚するのが難しいです。
もしかして自分はEDでは?と思っても認めたくは無いですからね。
また、EDは徐々に進行していくことが多いため、初期症状にどういった症状があらわれるのかを理解していないとEDが発症していることに気づけないです。
今回は、EDの症状を理解する方法と早めの対策方法を解説します。

自分はEDではないって、自信を持って言えますか

勃起機能は、身体やメンタルの状態によって常に変化し続けます。
なので、勃起機能が一時的に低下している状態でも自分はEDではないと言い聞かせている人も多いようです。
しかし、自分がEDではない、と自信を持って言えるか?となると自信を持って言える人は少ないです。
自分がEDではないと自信をもって言える人は、満足のいく性行為が行われていると考えられるのでEDではないと考えても問題ないです。
しかし、EDではないことに自身を持てない場合は、性行為に対する不満がありますね。
性行為に満足できてない、ということはEDである可能性が非常に高いです

これが出たら、あなたはED

EDの症状というと、「勃起ができなっくなってしまった」ことをイメージする人が多いですが、それだけではなく症状は多岐にわたります。
ED、勃起不全の定義は、勃起機能の低下となっており、代表的な症状には以下のようなものがあげられます。
性欲や性行為への意欲があるのに勃起しない、勃起してもペニスが十分に硬くならない、勃起の持続が長続きしない。
このような症状が出たらあなたは、EDです。
また、いつもは通常通り勃起でき、性行為に満足できていても「たまに勃起しない時がある」「性行為前に勃起できるか不安になることがある」という人も、すでにEDの症状が出始めています。

EDは身近な疾患

日本で行われたEDの調査によると重度のEDは260万人、中度のEDは870万人、合計1130万人の人がEDに悩んでいることが分かりました。
中度のEDは、たまに勃起できない時があるくらいの症状です。
1130万人というと日本人の成人男性の4人に1人がEDだということになりますね。
つまり、EDというのは、成人男性の多くが悩んでいる身近な疾患と言えます。

EDの原因

EDの原因は、大きく3種類あり、以下のように分けられます。
器質性ED、心因性ED、薬剤性ED
それぞれが、どのような原因でEDになるのでしょうか。

器質性ED

器質性EDは、身体の問題による障害によって起こるEDのことです。
そのため、身体の状態が悪化する、加齢や体調の悪化、男性ホルモンの分泌量の低下などが原因になります。
また、糖尿病も血管の状態が悪くなりやすいため、糖尿病が原因で器質性EDになることもよくあります。

心因性ED

心因性EDは心や精神といったメンタル面が原因で起こるEDです。
仕事やプライベートでの悩みや、うつ病などの精神障害などが主な原因です。
さらに過去のセックスの失敗体験や女性恐怖症などによる勃起不全も心因性EDの一種です。
また、性行為時における、「女性を満足させることができるか」「失敗したらどうしよう」というプレッシャーからも心因性EDが発症することも多いです。

薬剤性ED

薬剤性EDは、服用している医薬品の副作用によって発症したEDのことです。
一部の医薬品には、性欲減退というEDに繋がる副作用が起こる可能性があります。
主に高血圧の治療に用いられる血圧を下げるための降圧剤、そしてうつ病治療や精神を安定させるための抗うつ薬、精神安定剤は、副作用によって精力減退する可能性が高いです。

EDの治療法

EDの原因は、器質性ED、心因性ED、薬剤性EDと複数あります。
ですが、EDの原因はこれらの中の一つが原因ということは少なく、複数の原因が同時に起こっている混合型のEDの場合も多いです。
そのため、EDの治療方法は、一つの方法だけ行うのではなく、複数の治療法を並行しておこなうことが効果的になります。
EDを治療する方法として考えられる方法は、3つあります。
病気の治療、生活習慣の改善、ED治療薬による治療、です。

病気の治療

EDの人で糖尿病、心血管系の病気などが発症している場合は、まずこれらの病気を治療することを最優先してください。
そして病気を治療できたらED治療に進んでください。
ED治療薬の中には、糖尿病、心血管系の病気の薬との併用ができるものもありますので、病気の治療中でもED治療することができます。

生活習慣の改善

身体の状態が悪いとEDの進行も早まります。
EDを治療するうえで大切になる生活習慣の改善ポイントは、睡眠、食事、運動です。
十分な睡眠時間を取り、食事にも気を使い、適度な運動をすると身体の状態も良くなりますね。
体調を整えることは、EDの治療に繋がります。
なので、体調に直接かかわる生活習慣を見直すことはED治療にも効果的です。
ED治療に適している食事は高たんぱく低カロリーの食事内容です。
なのでインスタント食品やファストフードを控え、栄養バランスの整った食事に改善すると良いです。
運動は、激しすぎるものでは無く、適度に身体を動かせる、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動で十分です。
有酸素運動は、ストレス発散や血行促進、睡眠促進など、ED治療に良い効果をもたらしてくれるので、接触的に取り入れましょう。

ED治療薬による治療

EDは、生活習慣や心理的な問題を解決することで、かなり症状を改善できます。
ですが、それだけでEDの治療を完了させるのは難しいです。
現在、EDの治療で高い効果を発揮しているのが、ED治療薬による薬物療法です。
ED治療薬は、性行為の前に服用するだけでよいので、簡単に治療に取り入れることができます。
また、ED治療薬は、通販で容易に購入することができるため、誰にも知られずにED治療薬による治療が行えます。

ED治療は早めの対策が効果的

もしも自分がEDかもしれないと疑いを持っているのであれば、ED治療は、早めに対策をした方が良いです。
なぜならED治療薬は、即効性が高いため、EDの初期症状であればかなりの高確率で治療することが可能だからです。
特に心因性EDは、性行為の成功体験が自信に繋がりEDが治ることがよく見られます。
そのため、ED治療薬による治療で早期に治療できる可能性が高いからです。

ED治療薬の効果

現在、ED治療薬として用いられているバイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類は共にペニスの血行状態を向上させることで勃起力を高めます。
健康な状態では、性的欲求が高まり、ペニスに刺激が加えられると血管が拡張して勃起状態になります。
しかし、EDの場合、血管拡張を抑える酵素であるPDE5が分泌されており、このPDE5の働きによって上手く勃起ができなくなっています。
PDE5は、本来勃起したペニスを収束させるときに分泌されるのですが、EDの人は、上手く機能できなくなったため、勃起を阻害してしまっているのです。
PDE5が正常に機能しなくなる理由には、身体や精神など様々な原因があります。
ですがED治療薬は、有効成分の効果によってPDE5の分泌を阻害することができます。
そのため身体や精神など様々な原因が解決できていない状態でもED治療ができるのです。

でも、大丈夫。お勧めED治療薬 ベスト5

バリフ20mg(レビトラジェネリック)


バリフ20mg(レビトラジェネリック)

●バリフ20mg(レビトラジェネリック)

バリフ20mgは、レビトラのジェネリック医薬品として開発されました。
レビトラは、有効成分バルデナフィルが配合されたED治療薬です。
そのため、レビトラのジェネリック医薬品であるバリフ20㎎もおなじ有効成分バルデナフィルが配合されています。
バルデナフィルの特徴は、即効性の高さにあります。
水に溶けやすい性質を持っているため、服用から短時間でED治療効果が実感できます。
早めに効果が出る人の場合は、10~15分程度で効果を感じることができるのです。
ED治療効果の持続時間も20㎎で約10時間、10㎎でも約4時間持続できます。
なので、一晩をとおしてのED治療効果を得続けたいばあは、20㎎を服用すると良いです。
バリフ20㎎は、このようなバルデナフィルのED治療効果をリーズナブルな価格で得ることができる非常に人気の高いED治療薬になっています。
レビトラは、高い効果が期待できる反面、価格は決して安いとはいえず、経済的負担も大きかったです。
ですが、バリフ20㎎なら、レビトラのウィークポイントであった価格面での負担が少なくなります。

カマグラゴールド


カマグラゴールド

●カマグラゴールド

カマグラゴールドは、バイアグラのジェネリック医薬品として開発されました。
バイアグラは、ED治療薬の元祖であり、多くの人のEDを治療してきた実績があることでもよく知られていますね。
カマグラゴールドは、そんなバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが配合されているED治療薬です。
シルデナフィルは、ペニス周辺の血管を拡張させる作用があります。
そのため、服用後は、ペニスに流れる血液量を増加させることができるため、勃起力の増加や勃起持続時間を長くさせる効果が期待できます。
カマグラゴールドはシルデナフィルを100㎎と高配合しています。
100㎎は通常のバイアグラよりも高配合ですが、分割して複数に分けて服用することでよりリーズナブルにシルデナフィルの効果を得ることができます。
また、高血糖、肥満、生活習慣病などが原因のEDの場合は、通常よりも高用量のシルデナフィルが必要になります。
なので、高血糖、肥満、生活習慣病を治療、改善中の人のED治療薬としてもカマグラゴールドは適しているのです。

タダシップ20mg(4錠入り)


タダシップ20mg(4錠入り)

●タダシップ20mg(4錠入り)

タダシップ20mgはシアリスのジェネリック医薬品として開発されました。
そのため、有効成分はシアリスと同じタダラフィルです。
タダラフィルは、ED治療薬の中でも特に持続時間が長いことが特徴になります。
その効果は、最長36~48時間持続し、タダシップ20mgを1錠服用するだけで、金曜の夜から日曜まで効果が持続するのです。
さらに、タダラフィルは食事からの影響も少ないです。
そのため、食後や休憩中に軽食を食べても、効果が持続されます。
また長時間、効果が持続する反面、瞬間的な効果は控えめです。
即効性も他のED治療薬と比較すると低くなっています。
このような特徴を持っているため、時間を気にせずにリラックスして性行為を行いたい人い向いているED治療薬になっています。

サビトラ20mg(レビトラジェネリック)


サビトラ20mg(レビトラジェネリック)

●サビトラ20mg

サビトラ20mgは、レビトラのジェネリック医薬品として開発されました。
なので、レビトラと有効成分は、同じバルデナフィルです。
そのため、レビトラと同じED治療効果が得られます。
レビトラと言えば即効性の高いED治療薬として人気が高いですね。
しかし、価格は高価格なため、手軽に服用することができないデメリットがありました。
しかしサビトラ20mgは、ジェネリック医薬品の特徴を活かして低価格でバルデナフィルの効果を得られます
また、ストレスや鬱病が原因の心因性ED、老化や生活習慣病が原因の器質性EDに共に効果を発揮し、糖尿病が原因のEDに対する効果もあります。
そのため、多くのED症状の治療に効果が期待できるので、幅広く利用されています。

シアリスジェネリック20mg(ジマリス)


シアリスジェネリック20mg(ジマリス)

●ジマリス20mg

シアリスジェネリック20mgはシアリスのジェネリック医薬品として開発されました。
そのため、有効成分もシアリスと同じ、タダラフィルになっています。
タダラフィルは持続効果が36時間と長く、食事の影響が少ないことがメリットとなっています。
シアリスジェネリック20mg日本人向けに製造されています。
そのため、パッケージや説明書が日本語で書かれています。
ED治療薬の使い方がよく分からない人、初めてED治療薬を使うことが不安な人も日本語による説明書があれば、安心して服用することができますね。

ぜひ、読んでいただきたいお得な記事

●売れ筋商品を知りたいなら
ED治療薬、なにが売れているのか?売れ筋ランキング
ナイトライフ充実のサプリメント売れ筋ランキング

●使用レポート
第4世代のED治療薬、ステンドラを使ってみました!効果抜群です
ナイトライフで自信を持つために使ったお金は253,000円(推定)