生活習慣病は、EDへまっしぐら!?改善しよう、食事と運動!

生活習慣病は、EDへまっしぐら!?改善しよう、食事と運動!

30代以降のEDの原因としてよく挙げられるのが生活習慣病です。
ですが、生活習慣病が原因のEDは、生活習慣病を治療することで、EDも治すことができるので、克服することも可能です。
今回は、生活習慣病が原因のEDの改善方法を解説します。
生活習慣病とEDの関係、生活習慣病の改善方法などがわかるとED改善の大きなヒントになりますよ。

生活習慣病とは

生活習慣病は、食習慣、運動習慣、休養習慣などの毎日の習慣が原因で発症する疾患の総称です。
また、毎日の習慣には、飲酒や喫煙などの趣向品の摂取も含まれます。
代表的な生活習慣病には糖尿病、高脂血症、高血圧などが挙げられます。
また、アルコール性肝疾患、や肥満も生活習慣病に含まれると考えられています。
これらの病気は、もともと中年になると発症率が高くなるため、成人病と呼ばれていました。
しかし、食習慣や運動習慣などの生活習慣からの影響が大きいことが分かり、現在では、成人病と呼ばずに、生活習慣病と呼ぶことが一般的です。

生活習慣病が増加した原因

生活習慣病が増加した原因には、現代人の食生活が豊かになり、さらに運動しなくても生活できるようになったことが理由として考えられています。
このような生活では、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが悪くなり身体への負担が大きくなるためです。
人間の身体は、元々摂取した栄養素のから使いきれなかったエネルギーを、体内に溜め込むように作られています。
ですが、現代人は、食料を過剰に摂取しすぎることで、栄養を溜め込みすぎています
そして、このことが生活習慣病の原因になってしまっているのです。

生活習慣病は合併して発症しやすい

生活習慣病には、糖尿病、高脂血症、高血圧など沢山の種類があります。
これらは、どれか一つだけ発症することは、珍しく、ほとんどの場合複数の病気が合併して発症しています。
また、これらの病気は、自覚症状が少ないため、病気が進行していることにも気づきにくです。
そのため、知らずのうちに生活習慣病が進行して症状が重度になっている場合も多いです。
なので、EDを発症している人の中でも原因が生活習慣病にあるのに、原因である生活習慣病に気付けていないこともよくあります。

生活習慣病がもたらす、EDへの影響

生活習慣病の中でも特に糖尿病、高血圧、肥満がEDへの悪影響が強いです。
これらがなぜ、EDへの影響が強いのか解説します。

糖尿病のEDへの影響

糖尿病は、予備軍患者も含まると100万人以上と言われる病気ですので、日本人に非常に多い生活習慣病ですね。
糖尿病を発症するとEDになる確率が2倍になると言われるくらい、糖尿病とEDは強く関係しています。
糖尿病がEDになりやすい理由は、糖尿病による血糖値の上昇にあります。
勃起は、性的興奮が神経伝達により伝わり、ペニス周辺に血液が集まることで起きます。
このような仕組みで起きるため、勃起には、神経系と血管系が重要な働きをします。
しかし、糖尿病で血糖値が高くなると、神経や血管に障害が出てしまいます。
神経や血管に障害があると、勃起するために必要な刺激や血流が悪くなってしまいますね。
このような理由のため、糖尿病がEDの原因になるのです。

高血圧のEDへの影響

高血圧の人は、約7割がEDを併発しているため、高血圧もEDに強い影響力があります。
高血圧がEDになりやすいのは、高血圧が動脈に障害を与えるからです。
勃起するためには、ペニスの海綿体に大量の血液を流しいれるため、動脈が広がります。
ですが、高血圧になると動脈に障害が出るため、十分に広がることができなくなります。
そうなると、ペニスに勃起に必要な血液を入れることができなくなりますね。
つまり高血圧による動脈障害がEDに繋がるということです。

肥満のEDへの影響

肥満もEDへ悪影響が強いと考えられています。
直接肥満がEDに対してどのような悪影響があるのかは、まだはっきりと分かっていません
しかし、肥満のEDの発症率の高さから、肥満とEDは深い関係性があると考えられています。
EDへの影響が出てくる肥満度は、BMI値で25kg/m2以上と言われています。
BMI値25kg/m2以上からどんどんED発症リスクが高まり、30kg/m2になると約1.7倍EDリスクが高くなります。
このように肥満値とED発症リスクは、比例していますので、肥満もEDの原因の一つと考えられているのです。

食事と適度な運動を

生活習慣病を改善するためには、生活習慣を見直す必要があります。
中でも特に重要になる生活習慣が食事と運動です。
食事と運動を見直した生活習慣に変えることで、生活習慣病は改善することができます。

食事の改善

生活習慣病になりやすい人やすでに発症している人は食生活に問題があります。
食事で改善すべきは食べる時間、栄養バランス、食べる量、の3つです。

まず食べる時間ですが、できるだけ3食規則正しく食べることが大切になります。
そして、間食や夜食を避けるようにしましょう。
また、ダイエットのために朝食を抜く人も多いと思いますが、それよりも3食食べる方が生活習慣病改善には、効果的です。
なぜなら、朝食を抜いてしまうと、どうしてもまとめ食いや間食が多くなってしまいます。
なので、できるだけ決まった時間に食べるようにしましょう。
続いて栄養バランスについてです。
生活習慣病になる人の食事内容は、脂質、糖質、塩分が多すぎます。
これらは、ファストフードやインスタント食品、スナック菓子に多く含まれています。
なので、栄養バランスを整えるためには、まずこれらの食品を食べるのを止めましょう。
生活習慣病改善に理想的な食事は、高タンパク、高ビタミン、低脂質、低糖質、低塩分です。
このような食事を心がけると和食が中心になりますね。
また、塩分を控えるためには、醤油やソースの代わりに、酢やポン酢を活用することをおすすめします。
外食は、どうしても高塩分、高脂質に作られているので、生活習慣病を改善するには、あまり適していません。
できるだけ、自炊して摂取する栄養素を自分でコントロールできるようにしてください。
そして、どれだけ栄養バランスを考えたとしても食べ過ぎは良くありません。
満腹になるまで食べるのではなく、腹八分までにしておきましょう。

運動

生活習慣病になる人のほとんどは、運動不足になっています。
運動には、脂肪燃焼効果や血管を健康に保つ効果が期待できます。
なので、生活習慣病を改善するためには、食事と同じくらい重要なのです。
生活習慣病改善に効果的な運動は、有酸素運動と言われる運動です。
有酸素運動はゆっくり長時間行う運動で、ウォーキングやジョギング、水泳などが当てはまります。
なので、生活習慣病対策として運動を取り入れたい人は、これらをおこなうと良いです。

生活習慣病の方でもED改善ができる

生活習慣病の改善は、食事と運動の改善を長期間続ける必要があります。
そのため、生活習慣病改善によってEDを治療するのは、とても時間がかかります。
生活習慣病の方が、即効性のあるED改善するためには、ED治療薬を用いるのが良いです。
ED治療薬なら生活習慣病改善中の方にも効果的なED治療ができるからです。
なので、生活習慣病が原因のEDを改善したい場合は、食事と運動による生活習慣改善とED治療薬による薬物療法を併用するのがおすすめになります

お勧めED治療薬 ベスト5

カマグラゴールド

カマグラゴールド

カマグラゴールド

●カマグラゴールド

カマグラゴールドは、バイアグラのジェネリック医薬品です。
有効成分は、シルデナフィルが1錠あたり、100㎎配合されています。
バイアグラは、ED治療薬として最も広く愛用されています。
そのバイアグラのジェネリック医薬品の中でもカマグラゴールドは特に人気が高く、ユーザー数も多いです。
カマグラゴールドの人気の理由は、コストパフォーマンスの高さです。
カマグラゴールドは、100㎎状のため、4分の1に分割して服用することができます。
4分の1でも25㎎のシルデナフィルですので、十分にED治療効果が得られますね。
そのため、コスト面で非常にすぐれたED治療薬なのです。

カマグラオーラルジェリー


カマグラオーラルジェリー

●カマグラオーラルジェリー

カマグラオーラルジェリーは、バイアグラのジェネリック医薬品のED治療薬です。
ジェリータイプのED治療薬のため、服用しやすく、錠剤タイプが苦手な人にも人気が高いです。
有効成分は、バイアグラと同じシルデナフィルで、配合量は100㎎。
ジェリーには、味付けがしてあり、ライチ、グアバ、キウイ、キャラメル、ラズベリー、いちじく、グリーンアップルの7種類の味付けがあります。
また、ジェリータイプのメリットは、味付けや飲みやすさだけではなく、さらに身体への吸収の早さもあげられます。
ED治療効果は、早い場合は、15分ほどであらわれ、平均30分程度で効き始めます。
そのため、ED治療効果に即効性を求める人にもおすすめです。
持続時間は、4~5時間ほどなので、持続時間も十分ですね。

タダリスタ・チュアブル(シアリスジェネリック)20mg


タダリスタ・チュアブル(シアリスジェネリック)20mg

●タダリスタ・チュアブル(シアリスジェネリック)20mg

タダリスタ20mgは、有効成分としてタダラフィル20mgを含有するED(勃起不全)を改善するジェネリック医薬品です。
タダリスタは「ホスホジエステラーゼ5阻害薬」という分類のお薬で、ED治療薬であるシアリスの後発医薬品として販売されています。
シアリスと同じく「タダラフィル」を有効成分としているので、少ない自己負担で同等の効果を得ることが出来ます。
タダラフィル以外の薬剤は服用から30~60分で効果を発揮して、5~7時間持続することが知られています。 タダラフィルでは効果が出るまでに1~3時間が必要ですが、その代わりに36時間程度持続すると言われています。
これによって、より自然に近い勃起が起こることや、動悸やのぼせ、頭痛や鼻詰まりなどの副作用もマイルドであるので、多くのクリニックでも推奨されている医薬品のひとつです。
タダリスタの成分であるタダラフィルはED治療薬として以外にも、前立腺肥大症や肺動脈性肺高血圧症でも用いられているお薬です。
その他にも一部の研究によると、血管内皮細胞を保護することで血管の老化を抑えて、血管年齢を若く保つという、アンチエイジングの作用も期待できることがわかってきています。
作用機序は、生体内で勃起を促す作用を持つcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を行っている PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の働きを抑えることによって、EDの治療に効果を発揮します。

バイアグラ25mg


バイアグラ25mg

●バイアグラ25mg

バイアグラ25㎎は、ファイザー社が開発したED治療薬です。
バイアグラは、最も有名なED治療薬ですね。
クリニックでのED治療でも最も処方されています。
初めてED治療薬を服用する人やED治療薬の副作用が気になる人は、まずバイアグラから試してみることをおすすめしています。
バイアグラは、多くのジェネリック医薬品が出ていますが、オリジナルのファイザー社のバイアグラが良いという人も、多いため現在でもベストセラーのED治療薬になっています。

センフォース(バイアグラジェネリック)100mg


センフォース100mg(バイアグラジェネリック)

●センフォース100mg(バイアグラジェネリック)

センフォースは、バイアグラジェネリック医薬品で、シルデナフィルが100mg配合されています。
センフォースは、1錠あたりシルデナフィルが100mg配合されているため、そのまま1錠服用して100㎎、半分に割って50㎎、4分の1で25㎎と3種類の服用方法が選択できます。
低価格かつ高配合のED治療薬なのでお財布にもとても優しいですね。
ED治療薬の効果は、服用から1時間後から得られ、持続時間は約6時間となっています。

ぜひ、読んでいただきたいお得な記事

●海外医薬品の個人輸入について詳しく
信頼できる海外医薬品の個人輸入通販は?危険や偽薬リスクも調査!
●売れ筋商品を知りたいなら
ED治療薬、なにが売れているのか?売れ筋ランキング
ナイトライフ充実のサプリメント売れ筋ランキング
●ナイトサプリを詳しく解説
老けた男は魅力ゼロ!老ける原因や復活できるサプリを詳しく紹介
あきらめるのはまだ早い。自信を取り戻すナイトライフサプリ
精力減退はデメリットだらけ!精力剤や媚薬を賢く使う方法
●使用レポート
第4世代のED治療薬、ステンドラを使ってみました!効果抜群です
ナイトライフで自信を持つために使ったお金は253,000円(推定)