EDの20代、30代、40代、50代、年代別原因と対策

EDの20代、30代、40代、50代、年代別原因と対策
EDは、中年以降の男性が発症するイメージが強いですが、年齢に関係なく多きの男性の悩みになっています。
というのも、EDの原因は、さまざまあるため、加齢以外が原因で発症することも少なくありません。
そのため、20代、30代の若い男性でもEDを発症することは珍しくないのです。
また、EDの発症原因と対策方法は年代別によって大きく分かれることが多いです。
ということは、年代別の対策を施すと治療の効果がより高まりますね。
そこで今回は、年代別によく見られるEDの原因と、その対策方法について説明します。

20代30代のEDの原因と対策

20代30代のEDの原因としてよく挙げられるのが、メンタル面の問題で起こる心因性のEDです。
心因性のEDは、仕事や人間関係などによって受けたストレスや、過去の性行為や女性関係での失敗による性行為へのトラウマが原因で発症するEDです。
このような原因で発症するEDを治療するためには、体調を整えるだけでは解決は難しいです。
また、ストレスやトラウマといった精神面の問題は、早期に簡単に解決するのは、ほぼ無理ですね。
なので、心因性EDが原因だと考えられる場合はED治療薬を使った薬物療法が対策として適しています。
また、20代30代の性行為の悩みとして多く挙げられるのが早漏ですね。
早漏は、性行為中にすぐに射精していまうことですね。
早漏だと自分もパートナーも性行為に満足できなくなることに繋がります。
そのため、多くの男性の性行為時の悩みになっています。
早漏を改善するためには、早漏防止効果が期待できるED治療薬を服用することが効果的です。
20代30代のED対策に効果的な早漏防止効果も期待できるED治療薬は、以下のものがおすすめになります。

サビトラマックス(レビトラ成分+早漏防止)


サビトラマックス(レビトラ成分+早漏防止)

サビトラマックス(レビトラ成分+早漏防止)

サビトラマックスはED治療薬に早漏防止成分を配合した薬です。
ED治療薬のサビトラは、レビトラのジェネリック医薬品で有効成分はバルデナフィル20mg。
バルデナフィルは、PDE-5阻害薬という種類のED治療薬で、ペニスの血管を拡張する作用によって勃起を促します。
そのため勃起力の向上や勃起の持続時間のアップに繋がります。
また、バルデナフィルは、即効性の高いED治療薬のため、服用から20分以内に効果が実感できます。
サビトラマックスは、このようなバルデナフィルの効果に加え、さらにダポキセチンによる早漏防止効果も得られます。
ダポキセチンは、短時間作用型のセロトニン再取り込み阻害薬という種類の薬です。
脳内のホルモンに働きかけることによって射精時間を伸ばす効果が得られます。
そのため、服用しても陰茎への刺激は、そのままですので早漏を防止できながらも性行為やペニスへの刺激が損なわれることは無いのです。
サビトラマックスは、勃起力向上効果、早漏防止効果が得られるため、勃起できないで悩んでいる人や早漏に悩んでいる人におすすめです。

スーパーカマグラ(バイアグラ+早漏防止)


スーパーカマグラ(バイアグラ+早漏防止)

スーパーカマグラ(バイアグラ+早漏防止)

スーパーカマグラは、バイアグラのジェネリック医薬品のカマグラに早漏防止成分ダポキセチンが加えられたED治療薬です。
バイアグラのジェネリック医薬品として人気のアジャンタ・ファーマ社のカマグラシリーズは、リーズナブルな価格ながらバイアグラと同じ勃起力を得られるため好評なED治療薬です。
このスーパーカマグラは、バイアグラのED治療効果をそのままに、さらに早漏防止効果も併せて得られます。
早漏防止効果は、ダポキセチンによるものです。
ダポキセチンは、世界で唯一の内服タイプの早漏防止薬で、セロトニンの再取り込みを防ぐことによって早漏を防止します。
スパーカマグラは、射精までの時間が短いことが悩みのEDの対策に高い効果を発揮します。

エキシラーマックス(シアリス成分+早漏防止)


エキシラーマックス(シアリス成分+早漏防止)

●エキシラーマックス(シアリス成分+早漏防止)

エキシラーマックスは、ED治療薬シアリスの成分に、早漏防止効果が加えられたED治療薬です。
シアリスの有効成分タダラフィルは、じっくり長時間ED治療効果が続く薬剤です。
なので、一度服用すれば翌朝までED治療効果が持続します。
さらにダポキセチンによる早漏防止効果も得られます。
なので、早漏を防止しつつ、長時間の性行為の実現が可能になるED治療薬として人気です。

40代のEDのEDの原因と対策

40代になるとEDの原因として多くなるのが生活習慣病です。
生活習慣病は、食生活の乱れや飲酒、喫煙などが原因となる病気で、糖尿病、高血圧高脂血症などが挙げられます。
これらの病気は、血管に悪影響を与えます。
勃起は、血液の流れによって起こります。
そのため、生活習慣病にかかってしまうと、EDに繋がる可能性が高くなるのです。
なので40代のEDの主な原因である生活習慣病を改善することが対策になります。
生活習慣病は、食生活や運動を毎日続けることで徐々に改善されています。
生活習慣病の治療中でもED治療薬は、服用できます。
特に有効成分バルデナフィルが配合されているED治療薬は即効性が高く、生活習慣病治療中でも使いやすいので40代のED対策にピッタリですね。
また、40代でもすでに加齢によるEDが発症している人も見られます。
加齢の初期症状のED対策としてもバルデナフィル配合のED治療薬は高い効果が期待できます。
なので、40代のEDでお悩みの人はバルデナフィルを試してみてください。

バリフ20mg(レビトラジェネリック)


バリフ20mg(レビトラジェネリック)

●バリフ20mg(レビトラジェネリック)

バリフ20mgは、アジャンタファーマ社が開発したレビトラのジェネリック医薬品です。
有効成分は、レビトラと一緒で、バルデナフィルが配合されています。
バルデナフィルは、効果の効き目が出るのが早く、勃起力も高いため、ED治療に即効性を求める人に高い人気があります。

サビトラ20mg(レビトラジェネリック)


サビトラ20mg(レビトラジェネリック)

●サビトラ20mg

サビトラ20mgはサバ・メディカ社が開発したレビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルですので、レビトラと同じED治療効果が得られます。
1箱あたり10錠のサビトラが入っているので、コストパフォーマンスに優れています。

レビトラ10mg


レビトラ10mg

●レビトラ10mg

レビトラ10mgは有効成分バルデナフィルが配合されたED治療薬です。
レビトラは、バイアグラに続いて開発されたED治療薬です。
そのため、バイアグラよりも優れている面も多く、効き目の早さと食事からの影響の受けにくさが特徴になっています。
また、糖尿病の男性にも効果が期待できます。

50代のEDのEDの原因と対策

50代のEDの原因としてよく見られるものに、精力減退があります。
50代が精力減退しやすいのには理由があり、加齢により精子の生成量が少なくなるからです。
精子の量が少なくなってしまうと、性欲も比例して少なくなってしまいますね。
そのため、50代のED対策には、精子の生成量を増やし性欲をアップさせることが大切になります。
精子量アップのためには、精力剤などのサプリメントを活用して内面から身体を若返らせることが効果的になります。

スペマン(精子量・性欲アップ)

スペマン(精子量・性欲アップ)
●スペマン(精子量・性欲アップ)

スペマンは、精子量の増加と性欲アップを促進するサプリメントです。
有効成分は、ハイグロフィリア、ベルベットビーン、ゴクシュラ。
高齢になると精液の生成が減少します。
精子量が減少すると性欲減退にも繋がります。
スぺマンは、精子量を有効成分の働きで増加させることによって性欲増進を促しED改善につなげます。
また、スぺマンの有効成分は、天然なので、副作用や身体への負担も少ないため、高齢者や体調に不安がある人も服用しやすいです。

コンフィド(ED・勃起不全)

コンフィド(ED・勃起不全)
●コンフィド(ED・勃起不全)

コンフィドは、アーユルヴェーダ由来の天然サプリメントです。
有効成分は、ベルベットビーン(ハッショウ豆)、インドジャボク。
コンフィドの効能には、精力増進、疲労回復、不安やストレスの軽減、精神安定などがあります。
そのため、男性の性行為の悩みである、早漏や精子量の減少、男性機能の低下などを改善する効果が期待できます。
また天然成分の精力剤のため、副作用の心配もなく安全性も高いです。

ヒムコリン(ED・勃起不全)


ヒムコリン(ED・勃起不全)

●ヒムコリン(ED・勃起不全)

ヒムコリンは、男性用の若返りクリームです。
ペニスに直接塗布することで効果を得るタイプになっています。
有効成分は天然成分のクライミングスタッフツリー、ジャコウアオイ。
効能としては、ペニスの感度を増幅させる、勃起力を高める、勃起時のペニス増大などが期待できます。
ヒムコリンは、塗り薬ですので、内服タイプの精力剤やED治療薬の服用に不安がある人でも使用することに抵抗がないので、精力アップ効果を気軽に試してみたい人にも人気のアイテムになっています。

60代のEDのEDの原因と対策

男性ホルモンは30代以降減少傾向になり、60代になると不足しがちになります。
男性ホルモンが不足すると、精力が減少したり、精子の生成量も少なくなってしまいますね。
そのため、60代のEDの原因には男性ホルモンの減少が大きな要因となってきます。
なので、60代のEDを対策するには、男性ホルモンの減少を解決する必要があるのです。
男性ホルモンを補充するためには、男性ホルモン剤を活用するのが効果的です。
男性ホルモン剤は、カプセルタイプやクリームタイプ、ジェルタイプなどがあり、体調や病気に関係なく取り入れることができます。
なので、60代のED対策として多くの人が活用できます。

セルノスカプセル(男性ホルモン1%)


セルノスカプセル(男性ホルモン1%)

●セルノスカプセル(男性ホルモン1%)

セルノスカプセルは、男性ホルモンを増加させることを目指したホルモン剤です。
有効成分は、男性ホルモンのテストステロン。
テストステロンは、男らしさに関わる男性ホルモンです。
そのため、性欲や精子の生成などに大きな影響力があります。
ですが、テストステロンは、加齢のたびに減少していきます。
そして、60代以降になるとテストステロンは、大きく減少して、男性更年期障害の減少にもなります。
セルノスカプセルは、このような減少してしまった、テストステロンを補う効果が期待できます。
そのため、60代のED対策としてセルノスカプセルは、おすすめです。

アンドロフォルテ(男性ホルモン5%クリーム)


アンドロフォルテ(男性ホルモン5%クリーム)

●アンドロフォルテ(男性ホルモン5%クリーム)

アンドロフォルテは、男性ホルモン剤です。
男性ホルモン、テストステロンが配合されています。
アンドロフォルテの特徴は、クリームタイプの男性ホルモン剤であることと、テストステロンが5%と高配合されていることにあります。
高配合のテストステロンをクリームタイプなので、直接取り込むことができます。

セルノスジェル(男性ホルモン1%)


セルノスジェル(男性ホルモン1%)

●セルノスジェル(男性ホルモン1%)

セルノスジェルは、ジェルタイプの男性ホルモン補充剤です。
男性ホルモンのテストステロンが1%配合されています。
ジェルタイプの男性ホルモン剤ですので、直接塗布して使用します。
テストステロンの働きによるEDの症状改善効果が期待できます。
具体的なED対策効果としては、勃起力や性欲が少ないといった悩みの解決に効果的です。

ぜひ、読んでいただきたいお得な記事

●売れ筋商品を知りたいなら
ED治療薬、なにが売れているのか?売れ筋ランキング
ナイトライフ充実のサプリメント売れ筋ランキング
●ED治療薬の効果の比較を知りたいなら
ED治療薬は効くのか?勃起不全の原因とED治療薬の効果を徹底解説
バイアグラとレビトラとシアリスとステンドラの違いは?徹底比較!
●使用レポート
第4世代のED治療薬、ステンドラを使ってみました!効果抜群です
ナイトライフで自信を持つために使ったお金は253,000円(推定)