AGAにおすすめの治療薬ってどんな治療薬?おすすめAGA治療薬5選


「最近薄毛が目立ってきた」と「頭皮が寒いのが気になる」皮が薄いのが気になるそんな人も多いのではないでしょうか。
なんと男性の薄毛のうちのおよそ3割の原因がAGAだと言われています。
AGAは進行性の脱毛症状で治療しないといつの間にか毛根までなくなっていたなんてこともありうるのが特徴です。
そんなAGAですが、効果のあると言われている治療薬の販売も行われています。ですが本当のところがよくわからない、どのような治療薬なのか、そしてどの程度の費用がかかってしまうのかなど今回は紹介します。

AGAってどんな症状?

そもそもAGAってどんな症状かご存知でしょうか?主に生え際や頭頂部に薄毛の症状が現れる病気のことです。
ただなぜ生え際や頭頂部に薄毛の症状が現れてしまうのかそれを知っている人は多くないでしょう。
そこでまずはAGAとはどのような症状なのかなぜ引き起こされてしまうのかを解説していきます。

AGAの原因は強力な男性ホルモンDHT

薄毛に悩んでいる人であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。AGAの原因は強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)です
これは男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5aリダクターゼが結合して生成されるものです。つまりそれはテストステロンだけでは症状が現れないと言うことです。
なぜ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になってしまうのかと言う詳しいところはまだ解明されていません。
ただ男性ホルモン自体は男性の体を作り上げる上でとても重要なホルモンになります。ですがDHT(ジヒドロテストステロン)は頭皮にあるレセプターと反応しヘアサイクルに乱れを生じさせます。
本来、3年以上ある成長期の期間をぐっと短くしてしまうため、細く短い髪の毛のまま抜け落ちてしまうのです。
このヘアサイクルの乱れこそAGAの最大の原因です。つまりこのDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することができればAGAを防ぐことができるのです

DHT(ジヒドロテストステロン)は防ぐことができる

薄毛の人の3割がAGAと言われていますがそもそもその原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することのできるのでしょうか。
DHT(ジヒドロテストステロン)の原因となっているのはテストステロンと言う男性ホルモンと5aリダクターゼと言う還元酵素です。
この2つの結合を防ぐことができれば結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を育成することができます。
AGAの治療薬はそんな2つの成分が結合するのを抑制します。他にも血行促進効果がある治療薬もあるので紹介します。

プロペシア

AGAの治療薬として注目を集めているだけでなく、AGAに悩む人であれば一度は聞いたことがあるはずです。
これは、AGAの原因のひとつである5aリダクターゼを阻害し、テストステロンと結合するのを防ぎます。また、日本以外でも60ヵ国もの国で使用されている治療薬です。
つまり結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぐことができるため、AGAを抑制することにつながります。
臨床試験では20~50代のAGA患者に一定期間プロペシア1mgの服用を毎日続けてもらった結果98%の人が薄毛の進行が止まったと実感しています。
とても高い確率でAGAを抑制することができるため、日本でもほとんどのクリニックで使用されています。

ザガーロ

2015年に承認されたばかりの新しい治療薬として注目を集めている治療薬といえばザガーロです。たくさんのクリニックで処方されるようになりました。
効果はAGAの原因である5aリダクターゼを阻害し、テストステロンと結合するのを防ぎます。つまりは、プロペシアと同じ効果なのです。
ただ、効果の範囲に違いがあります。実は、5aリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアが阻害するのはⅠ型の5aリダクターゼです。
広い範囲にあるのでAGAを抑制することができますが、AGAの中でも生え際の薄毛に対してはあまり効果を発揮しません。
ですがザガーロは違います。プロペシアでは効果のでないⅡ型に対しても効果を発揮します。つまり、生え際のAGAで悩んでいる人におすすめできる治療薬なのです。
なぜ、最近になって承認されたのかというとそれまでプロペシアと効果が同じと思われていたため、商用価値なしと思われていたのが理由のようです。

ミノキシジル

外用薬として人気が高いのがミノキシジルです。日本初の発毛剤としてドラックストアなどでも購入することができるリアップ。有効成分としてミノキシジルを配合しています。
発毛や育毛効果が認められている成分のため、薄毛対策用の発毛剤に使用されている成分です。
その原理は、血行促進効果で頭皮や髪の毛に必要な栄養素を運ぶことです。頭皮や髪の毛を育ててあげることでより高い効果を実感することができます。
他にも、毛母細胞の活性化を促すため細胞分裂を促し髪の毛をはやすことができるためおすすめです。

AGA治療薬プロペシアやミノキシジルに副作用はないの?

AGAの治療薬としてプロペシアやミノキシジルが使われていることは紹介した通りですが、危険ではないのかと気になっている人も多いのではないでしょうか。
結論から申し上げますと、残念ながらプロペシアやミノキシジルには副作用があります。医薬品指定されている成分のため効果は高いのですがリスクも伴うというわけです。
ちなみに、プロペシアやミノキシジルの副作用には以下のようなものがあります。

★プロペシア
ED
勃起不全
乳房圧痛
★ミノキシジル
めまい
頭痛
むくみ

とても効果的な治療薬ゆえに副作用があります。ただし、高い効果を実感できるものもまた医薬品のちからだからです。
近年では個人輸入により治療薬を仕入れている人も多いですが、人気の治療薬ゆえに本物の治療薬が必ず出回っているわけではないのです。
むしろ、しっかりとしたものを見極めないと通常出てしまう副作用よりもひどい健康被害を引き起こしてしまう可能性すらあります。
逆に有効成分が全く配合されていなかったなんてこともありますが、文句をいうことも返金してもらうことさえもできないので注意しましょう。
ですので、プロペシアやミノキシジルなどを服用する際にはある程度注意が必要になります

おすすめのAGAの治療薬5選

AGA治療薬は通常、クリニックなどを受診して医師に処方してもらう必要がありますが、くすりExpressでは治療薬を直接購入することがか可能です。 くすりエクスプレス そこで、AGA治療薬としておすすめの薬をいくつかピックアップしたいと思います。

フィンペシア1mg(100錠)

●「フィンペシア1mg(発毛剤)」購入はこちら フィンペシア1mg(発毛剤) インドにある大手製薬会社であるシプラ社が手がけている「フィナステリド」配合の治療薬といえばフィンペシアです。 フィナステリドはプロペシアに配合されている有効成分ですので、つまりフィンペシアはプロペシアのジェネリックということになります。 値段もそこそこな上に有効期間や期限に関しても同じことがいえますので、フィンペシアを購入する人は多いようです。

ロニタブ10mg(ミノキシジルタブレット)

●「ロニタブ10mg」購入はこちら AGA治療薬であるロニテンのジェネリック版と言えばロニタブです。有効成分として、ミノキシジルを配合しているため服用タイプのものになります。 ただし、服用タイプのミノキシジルに関しては副作用のリスクがぐっと上がってしまいますので、注意しましょう。

ミノキシジルタブレット+フィンペシア

●「ミノキシジルタブレット+フィンペシア」購入はこちら ミノキシジルで頭皮に栄養を送り、フィナステリドで抜け毛を防ぎたいという人におすすめなのがこの併用して使用することができるミノキシジルタブレットとフィンペシアです。 ミノキシジルを服用することで高い効果を実感することができるだけでなく、フィナステリドで抜け毛を抑制できるため。より高い効果を実感することができます。

フィンペシア+ツゲイン10%

●「フィンペシア【1箱100錠】+ツゲイン10%【1本60ml】」購入はこちら 通常のミノキシジルでは効果を実感できない!という人のためにおすすめなのがフィンペシアとツゲインのセットです。 フィンペシアでぬけ毛などをしっかりとDHTの生成を抑制します。さらに、リアップの2倍量のミノキシジルが配合されているので注意が必要です。

徹底的にAGAを阻止!抜け毛対策セット

●「徹底的にAGAを阻止!抜け毛対策セット」購入はこちら 徹底的にAGAを阻止!抜け毛対策セット AGAを治療するのであればミノキシジルやフィナステリドがおすすめですが、それ以外にも育毛シャンプーによる頭皮環境のケアも必要です。 このセットには育毛シャンプーだけでなく、ミノキシジルやフィナステリドといった成分がセットになっているので安心です。 徹底的にAGAを阻止し、ヘアケアしていきたいという男性におすすめです。また、今薄毛が気になっていておすすめのものをさがしてみてください。

AGA治療薬を使用するときは安全面を考慮しよう

AGAを治療するための治療薬がいくつかあることがわかりました。プロペシアやミノキシジル、ザガーロなどもあります。 また、どの治療薬を服用するべきなのかわからないという人もいるのではないでしょうか。 そんなときは、適当に治療薬を服用するのはNGです。なぜなら、適当に服用してしまうとある程度のリスクがあるからです。 さらに、AGAにしか効果を発揮しない治療薬ですので、自分の薄毛の原因がAGAかどうかわからないという人はまずクリニックなどを受診してみるのもよいでしょう。 上手に薄毛と向き合いながら治療に専念してみてくださいね。