AGA対策には、食べ物が重要。育毛のために必要な栄養素を詳しく解説


「AGAかもしれない」そう思って日々パソコンやスマホに向き合っている人も多いのではないでしょうか。

AGAの原因は強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)ですが、それ以外にもたくさんの原因が考えられます
中でも、毛髪に大きな関係があるのが栄養素です。この栄養素が不足してしまうと薄毛の原因になります。
栄養素といえば食べ物から摂取することができます。とはいえ、どんなものがAGA対策に有効なのかわからないと頭を悩ませる人も多いでしょう。
そこで今回は育毛のために積極的に摂取しておきたい成分などを解説します。

【疑問】食べ物でAGA対策できるの?

そもそも、食べ物でAGA対策できるのだろうかと疑問に思っている人も多いことでしょう。
AGAの原因は男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素の5aリダクターゼが結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)になりそれが頭皮付近のレセプターと反応することで引き起こされます。
また、進行性の脱毛症状のため適切な対応が必要となるのも事実ですが、その対応の1つに生活習慣があります。
頭皮にとってよい生活習慣を送ることで、AGAを対策していくことができるので食べ物でAGAは多少改善していくことができます。

AGAを対策する上で接種したい食べ物の成分は?

食べ物でAGAを対策していきたいのであれば、髪の毛にとってよいものを摂取するのが大前提になります。
髪の毛にとってよいものは、結果的に肌や身体にとっても良いものが多いです。その成分は以下のようなものになります。

①ビタミン
②亜鉛
③ヨード

上記のような成分は、髪の毛を作る上で大切なケラチンの元になる成分です。つまり、積極的に摂取すれば強く太い髪の毛を育てるための手助けをしてくれます。
それぞれどのような働きがあるのか解説していきます。

AGA対策におすすめの成分①ビタミン

ビタミンは血行を良くしたり、髪の毛にとって必要な栄養素であることからとても重要な成分の1つになります。
新陳代謝をアップさせ、髪の毛がはえるのを手助けすることもできます。また、頭皮に栄養素がしっかりと行き渡るため強く太い髪の毛がはえるのを手助けします。

AGA対策におすすめの成分②亜鉛

抜け毛や薄毛が気になる人であれば、亜鉛が髪の毛にとって重要な成分であることを知っている人は多いことでしょう。
セックスミネラルとも呼ばれますが、髪の毛を生成する上で必ず必要になります。むしろ亜鉛が不足してしまうと髪の毛が育たない原因になります。

AGA対策におすすめの成分③ヨード

わかめや昆布といった海藻類に多く含まれる栄養素といえばヨードです。海藻が髪の毛にとって良いものという漠然としたイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
それは、ヨードが含まれているからです。ヨードは甲状腺機能を向上させるため髪の発育を促す効果が期待できます。タンパク質と摂取すればより高い効果を実感できることでしょう。

AGA対策におすすめの食べ物

ではさっそく、AGA対策のためにおすすめの食べ物を成分ごとに紹介します。薄毛やAGAが気になる人はできるだけ積極的に摂取してみてください。

ビタミンをたくさん含んだ食べ物


頭皮の環境を整えるためであったり、新陳代謝をアップさせるために必要な成分といえばビタミンですが、以下のようなものがおすすめです。

にんじん
ピーマン
トマト
レバー
ブロッコリー

主に色の濃い野菜を摂取することで、様々な種類のビタミンを摂取することができます。血管を広げたり、皮脂の過剰分泌を抑制するためおすすめです。
ただし、過剰摂取をすると糖分過多になってしまう可能性があるので、あくまである程度バランスよく摂取しましょう。

亜鉛をたくさん含んだ食べ物


髪の毛の主成分であるケラチンを生成するために必ず必要になるのが、亜鉛です。亜鉛が不足するとそれだけで薄毛の原因になるほど重要な成分です。
また、以下のような成分に亜鉛はたくさん含まれています。

牡蠣
うなぎ
いわし
ごま
わかめ

上記のような成分に亜鉛が含まれているかつ、ヨードがたくさん含まれているわかめや昆布を摂取するのが髪の毛の生成のためにおすすめです

タンパク質をたくさん含んだ食べ物


最後に紹介するのがタンパク質を多く含んだ食べ物です。髪の毛の成分の99%はケラチンというタンパク質で作られています。
また、タンパク質が多く含まれる食べ物は以下の通りです。

豆腐

豚肉
サケ
サンマ

上記のようなシンプルな食べ物に多く、日本食を好んで食べている人は問題ないでしょう。おにぎりなどを購入するときにひと手間加えることで簡単に摂取することができます
どれも積極的に摂取することで頭皮の環境を整えていくことができるのでおすすめです。

AGA対策にはならない!NGな食べ物

AGA対策のためにバランスの整った食事をしようと意気込んでいる人も多いことでしょう。ただし、AGA対策としてはおすすめできない食べ物があるのでご紹介します。

脂っぽい食べ物


頭皮のためにはタンパク質の摂取は必須条件になります。強く太い髪の毛を育てることができるのでおすすめですが、例えば料理の仕方によっては頭皮に負担がかかる可能性があります。
豚肉は貴重なタンパク質ですが、とんかつなどにして毎日摂取してしまうと、血液がドロドロになってしまう可能性があります。
血液がドロドロになってしまうと頭皮に栄養を届けにくくなってしまいせっかく摂取したタンパク質も頭皮に届けることができず結果的に薄毛が進行してしまいます。
他にも皮脂が異常に分泌される原因にもなるので注意しましょう。
ジャンクフードなども血液がドロドロになってしまう原因になり、同じく頭皮環境の悪化につながりますので、過剰摂取している人は控えるのがおすすめです。

忙しい人でも安心のAGA対策サプリメント

頭皮にとって栄養素が必要なことはわかっていても、食生活を改善してAGAをケアしてあげられないとなると悩みますよね。
そんな人でも簡単にAGAケアをすることができるのがサプリメントです。おすすめのサプリメントを3つほど紹介します。

高濃度ビオチン5000mcg

●「高濃度ビオチン5000mcg(3ヶ月分)」購入はこちら

髪の毛だけでなく、皮膚や爪なども健康に保ってくれる成分といえばビオチンです。薄毛のケアとしてもおすすめされる商品の1つで、その成分を5000mcgも配合しているサプリメントになります。
肌トラブルの改善効果も期待できるため、頭皮環境を整えるためのサプリメントとしても人気が高いのが特徴です。

アマラキ(アンチエイジング)

●「アマラキ(アンチエイジング)」購入はこちら
アマラキ(アンチエイジング)
美容のために必要な成分をぎゅっと配合したおすすめのサプリメントで、ビタミンだけでなくミネラルやアミノ酸なども豊富に配合されています。
副作用の少ない成分で、身体の内側からアンチエイジング効果を実感することができるのでおすすめです。

モリンガ (ワサビノキ)

●「モリンガ (ワサビノキ)」購入はこちら
モリンガ (ワサビノキ)
その栄養価の高さが注目を集める成分といえばモリンガです。モリンガはビタミンCに加え鉄やカリウムなども豊富に配合しています。
そのため、頭皮の環境を美しい状態で保っていくことができるスーパーフードとして評価が高い成分です。アンチエイジング効果も期待できますよ。

AGA対策を食べ物でする上で注意したいこと

AGAだけでなく薄毛の対策として食べ物を使うことができるのは、紹介してきたとおりです。
また、食生活で改善しにくい場合はサプリメントの使用もよいでしょう。ただし、食べ物や成分でAGA対策をするなら注意したい点があります。

アレルギー体質である

まず、アレルギーです。普段避けている成分がある場合や成分に対してアレルギー反応が出てしまった場合には食べ物で対策し続けるのはとても難しいです。
他の病気が悪化しかねないですし、アナフィラキシーショックの原因にもなる可能性があります。
ですので、AGA対策の一環として食べ物を使用する場合には避けている成分がないのか、そしてアレルギーが発生していないかなどチェックしましょう。

食べ過ぎる

AGA対策できるとなるとそればかりを過剰に摂取する人がいますが、それはおすすめできません。
食べ過ぎは肥満を引き起こしたり、逆に血液がドロドロになってしまうなどの弊害があります。つまり、薄毛を助長する可能性もあります。
また、摂取するタイミングが寝る前の場合にはもっと注意が必要です。消化のために胃に血液が集中してしまうと、結果的に頭皮の血行が悪くなるので、栄養不足になるのです。
このように逆に頭皮環境を悪化させてしまう場合もありますので、食べ物でAGA対策を行うのであれば注意点をしっかり守っておこなってみてください。

サプリメントも活用しながらAGAをケア

食べ物はAGAをケアする上でとても重要なポイントになります。適当な食生活を続けていると薄毛を悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。
自分の頭皮の環境を見つめなおしながら、食生活を正していくことで内側から薄毛をサポートすることができます。
とはいえ、毎日バランスの整った食生活を実現させるのは難しいことなので、おすすめのサプリメント(高濃度ビオチン5000mcgやアマラキ(アンチエイジング)など)を利用してケアを行ってみてください
頭皮環境を整えてあげることで強い髪の毛をはやすためのサポートをすることができます。